沖縄の賃貸に引越しをする場合

他の地域から沖縄県の那覇市に引越して来た時、那覇市内の中で引越しをする時などは、それぞれ役所に対して届出を行う必要が有ります。那覇市内での引越しの場合、管轄になる役場が同一であれば住所の異動だけを行えば済みますが、異なるエリアから那覇市に引越しをしてきた場合は、前に住んでいた場所の住所が管轄になる役場などで住民票の転出届を提出する必要が有ります。転出届は引越しを行う2週間前までに行っておく必要があり、これを行わないと後述する転入届の受け入れが出来ないので注意が必要です。那覇市に引っ越した場合は、住所が管轄になる役場などでの転入届を2週間以内に行う必要があります。転入届は、先ほど説明を行ったように前の住所が管轄になる役場などで転出届を行っておくことで出来るようになる手続きで、転出届と転入届の2つを引越しの場合には必要になり、これらの手続きを完了されることで那覇市の住民と言う資格を得ることが出来るようになるのです。